古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

” アイドルバルブ等の部品交換 ”

さてさて、関東では初雪だとか・・・

 六甲おろしが吹き下す、本格的冬到来に向けて、
 写真にある、5点の部品交換をしました。

 ご存知の方はご存知、知らない人は何のことぉ〜・・・という感じでしょうが、
 カラベル君のアイドリングのお世話をしている大事な部品です。
 アイドルバルブ、水温センサ青君、O2(オーツー)センサ。
 
 “ センサー ” と書かずに “ センサ ” と書くところが
  “ ツウ ” だと思うんですが、どうでしょ?
 
 お話を戻しましょう!

 僕のカラベル君は、エアクリーナーなしの毒キノコ仕様なので、
 エアフロ、アイドルバルブ、スロットルバルブ、
 それらを繋いでいるホースが半端なく汚れます。

 調子が悪くなってくると、パーツクリーナーでシュシュっと綺麗にします。
 黒〜い液体が出てきます。それを何度も繰り返し、
 綺麗になるとエンジンの調子も戻ります。
 けれども、今回は、フンパツして新品に交換しました。
 
 で、結果ですが、
 劇的に調子が良くなることもなく、清掃とあまり変わりませんですした。

 他のカラベルさんは知りませんが、
 僕のカラベル君は、エンジンを “ ブウォーン ” と吹かした後に、
 一旦1000回転位に落ちて、200回転くらい跳ね上がるんですよ。
 “ ブウォーン、ウォン ” って感じです。
 これが直るかなぁ〜?って期待してたんですが、
 変わりませんでした。
 残念・・・・

 でも、これですからね、

IMG_5534.jpg

 “ 旧部品、凄く汚れているでしょ。 ”


 左から、
 元の “ アイドルバルブ ”、バルブが動いてアイドリングを調整するらしいです。

 次の配線のついてるのが “ O2センサ ” 、マフラーの前の触媒に付いてます。
 これです。

 IMG_5531.jpg

  O2センサにカバーが掛かってますが、引っ張ると外れます。
 また外さないと、 O2センサを外せません。
 O2センサは排気管の中の酸素量を探知して、
 ガソリンの量を決めるそうです。

 水温センサは、2種類あるんです。
 右下に二つ並んでる同じ形をした部品です。

 青がインジェクションのコンピュータ用、
 黒が運転席のメータの水温計用です。
 繋げるカプラも黒と青になっているので、
 青は青に、黒は黒に繋げないと、
 当たり前の事ですが、メチャメチャ調子が悪くなります。

 黒センサに青カプラに繋げると、
 クーラーを付けなければなんとかもってますが、
 クーラーを入れた途端にハンチングが止まらなくなります。
 もうビックリ!します。

 青センサを水温計につなぐと、水温計が上がってきません。
 この水温計壊れてるの?と思うくらいです。

 誰もしないでしょうが、
 夜間の作業だと、色を間違うかもしれません。
 気をつけましょう!


 IMG_5529.jpg

 こちらが黒センサ、前のメータ用です。左側にあります。
 これは黒のカプラですが、その中も黒です。

 で、

 IMG_5532.jpg

  こっちが青センサ、裏側にあり触りにくいです。
 同じく写ってるのはカプラーですが、中に青センサが入ってます。
 交換するには下からもぐらないと外せません。僕はですが・・・
 
 センサの間違いは、アリエナイと思うでしょうが、
 僕のカラベル君は、買った時から、僕が自分で気づくまで
 ずっと反対についてました。
 もう、ビックリでしょ?
 もう、チャンとしようよ!って感じ・・・・



 で最後は、キースイッチのお話です。

 右上の白いパーツが、
 旧のキーシリンダーのスイッチです。
 何故、こんなパーツを今回交換したのかと言うと、
 この部品が、ヨロシク無かったのです。

 もう半年程前になりますが、
 セルフのガススタンドで、ガソリンを入れ、
 エンジンを掛けようとしたら・・・

 セルは回り、エンジンも掛かりますが、
 オンのところにキーが戻るとストール。
 
 牽引してガレージに随分長い間止まってました。

 症状から考えて、キーシリンダが怪しいと思い、
 スイッチを分解しました。
 状態は、電極が焼けてました。

 これが原因か?と電極を磨き・・・
 電極がすり減って、プラスチックの部分に
 埋もれている感じがしたので、

 電極の周りのプラスチックをヤスリで削り、
 電極がキチンと接触するように直し、
 グリスを塗って元どおりに直したら、
 エンジンが掛かったのです。
 
 エライ車です・・・
 本当に良く故障します。

 でも、良い子なんですよ “ カラベル君 ” は、
 そこが、また可愛い訳です・・・

 で、そんな部品なので、新品に交換した訳です。

 で、結果は、キーの回し具合が、カチッとしました。
 旧部品では、少し押す感じで、
 コツがいりましたが、
 キーを差し込み感からして “ 良い感じ ” です。

 で今日の作業は終了です。

 IMG_5533.jpg

 “ アイドルバルブが、キラキラしてます。 ”





 誇らしげでしょ?












 
 
スポンサーサイト
  1. 2016/11/24(木) 19:04:11|
  2. CARAVELLE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ 近未来的な建物、その1 ”

IMG_5401.jpg
 “ 駐車場から見た手柄山ポート ”

 最近、またゴソゴソしてます。

 巷ではトランプタワーが注目されていますが、
 僕が注目するのは当然 “ 古いモノ ”

 前から気になってたんです。
 会議で姫路に行くたびにチラチラと見えるのです。
 小高い山の上にある “ 変な建物 ”

 そう “ 手柄山ポート ”ですよ。

 兵庫県姫路市に鎮座在しましてます。




 あ!UFOだ!

IMG_5405.jpg

 下から見上げるとこんな感じですよ。
 ホントに、なんとも素晴らしいじゃないですか!
 クゥ〜 好きです。 この時代・・・


 では、さっそく行って見ましょう!

IMG_5403.jpg

そうです! 回転展望台なんです!
回るんですよ。360度の大パノラマ!

IMG_5410.jpg

「グォ〜ン・グォ〜ン・グォ〜ン」 って、唸る感じの音で、
少しずつ回転です。15、6分で一回転するようです。

IMG_5416.jpg

登るのにお金はいりません。
ここは喫茶店なんです。

ナポリタンと珈琲を頂き、三回転ばかり居ました。

家の近くの六甲山の山頂にも、
昔、回転する“十国展望台” ってのが有りましたが、残念ながら・・・


この手柄山ポートは「昭和41年生」僕と同い年です。
もう半世紀も姫路の街を見守ってくれてるんです。

老朽化の為か、残念ながら平成30年3月までの営業だとか・・・


IMG_5431.jpg

気になる人はお急ぎあれ・・・












早く “太陽の塔” 再公開されないかなぁ〜






 
  1. 2016/11/23(水) 22:07:33|
  2. スペースエイジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ クラッチ板の固着修理 ”

前回の修理でエンジン復活しました。
エンジンをかけ、クラッチを握り、
ギアをローに蹴り込むと「 ガン!」となってエンスト・・・
ギアの固着です。

クラッチカバーを外します。
ヤマハはヘキサゴンボルトなので、
ショックドライバーの出番はありません。

IMG_5224.jpg

開けてみると、クラッチハウジングに水が入ったのか、
ドロドロした物が底の方に溜まっていました。
これが固着の原因か!?
パーツクリーナーで綺麗に掃除。

クラッチ板とフリクションプレートの間に
マイナスドライバーを突っ込んで、
「 メリッ!メリット!」と、ネジって剥がしてやりました。

新しいガスケットは持っていないので、
液体ガスケットを塗りカバーを取り付け、
オイルを入れて完成でした。

完成の写真は写し忘れました。








  1. 2016/11/19(土) 23:54:07|
  2. TRACY CZ125
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ ゴムのマニーホールド・インシュレーターの修理 ”

久々にDT250のエンジンを掛けようとしたところ、
何度キックしても掛からない・・・

バイクの横にしゃがみ込んで、キャブ周りを見てみる。
グイグイとキャブを揺らしてみると、
以前修理したインシュレーターがパックリ切れていた。
写真を撮り忘れてしまったが、
三分の一くらいパックリ割れてました。
困った・・・

以前は、ひび割れくらいだったので、
二次エアー防止に液体パッキンをベタベタと塗り込んでいた。
色がグレーだったので、見た目も汚く残念な感じだった。

そして、今回は、シリコン系でいこうと思い、
コーナンへ走る。シリコン一本はどう考えても多すぎるので、
素人御用達のセメダインのバスコークのブラックを買った。

IMG_5194.jpg

“ 素人の味方バスコーク!”

バスコークは、以前透明のもので、カラベルのヘッドライトの修理をしたので、
何種類か色があることを知っていたので、ゴム色のブラックをチョイス!

これも熱中しすぎで写真撮り忘れだが、
インシュレーターのパックリ割れた部分をリューターで削り、
硬化してボロボロになっている所を削り取った。

キャブの入る内側にマスキングテープを貼って、
外側から削った部分にバスコークを充填という感じで塗りつけた。

IMG_5192.jpg

“ こんな感じです。厚紙のヘラで塗りました。”

IMG_5199.jpg

“ 取り付けた所がこれ!”

 何年かぶりに、エンジン掛かりました。

 めでたし、めでたし・・・だけど、
 クラッチ固着してるよ・・・








  1. 2016/11/03(木) 22:44:29|
  2. YAMAHA DT250
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ ヘッドライトバルブ交換がエライことに・・・ ”

ヘッドライトのロービームが切れたので交換。
久々の軒下工場入庫、作業となった。

新しいバルブを買いに行く前に外装を外して・・・
確か・・・H4じゃなかったな?と考えながら、
外装を外している時に事件は起こった・・・

IMG_5146.jpg
“ ナットがサビサビで、無理に回すと折れちゃったの図 ”

「仕事が増えてしまった、あぁ、困った・・・」 と言いながら、ちょっと嬉しい自分・・・
何故なら久々に嫌々ながらバイクいじりが出来るから、

ライトバルブ
買ってきました、H4タイプより、ちょいと短い “ PH6E ” と言うタイプ。

と、これです。
ハリケーンミラー
左右セットで、¥2、600円也。

選んだ理由は一番安かったのと、懐かしいメーカーだったからだ。

なんと、“ ハリケーン ”
英語で書くと “ HURRICANE ” 何だかカッコイイですぅ〜

しかし、 「大阪単車用品工業株式会社」 これがハリケーンの正式な会社名ですよ。

キタコも大阪やし、デイトナは関東に行っちゃいましたが、元々は大阪やった。

思い返せば、今を去ること三十数年前、
パッソルに “ ハリケーンメッキのチャンバー ” 着けてましたよ。
メチャクチャうるさかった・・・

そんな話は置いといて、

あぁ、エライことです。大変です。

普通は、ミラーの方がボルトになっていて、
ハンドルの方にねじ込めば良い訳でしょう?

でもトレーシーはハンドルの方にボルトが出てて、
ミラーをナットで止める方式。

だから、この “ ハリケーンミラー ” を付けるには、
切って貼ったの改造が必要と言う事で・・・

写真にはないけれども、サンダーで残ったボルトを飛ばし、
ドリルで穴を開け、リーマーで丁度良い大きさまで拡張する。
IMG_5150.jpg
“ 往年のリーマーの出番!”

IMG_5151.jpg
“ タップを切り ”

IMG_5159.jpg
“ 10mネジ穴完成 ”

IMG_5162.jpg
“ なんだかんだで完成!”

ライトも点灯しますよ。
IMG_5160.jpg
“ めでたし、めでたし、”
  









  1. 2016/09/26(月) 01:31:26|
  2. TRACY CZ125
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ