古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“ VESPA P200の秘密 その5 ”

IMG_0298.jpg

 “ VESPA P200のライトスイッチ ”


 写真は “ VESPA P200の秘密 その5 ”


 グリメカのディスクブレーキキットをレバーから完全油圧にするために、
 ニッシンの別体式マスターシリンダーに換えていることは前に書いた。

 その為に、ハンドルをブッタ切ったことも既に書いている。
 ホーンスイッチとライトスイッチを移動したことも書いた。

 その写真が今日の写真。

 ボックスの上に付いている“トグルスイッチ”が“ライトのスイッチ”なのである。


 写真に写っている中立の位置はライトオフ。
 
 上げると“ハイビーム” 
 下げると“ロービーム”

 至極分かり易いではないか!

 スイッチが手元に無いので、少し使い辛い、
 信号で止まって、ライトを消そうとして、
 手で探り、感覚だけでカチッとすると、ハイビームになったり・・・
 
 前の車に迷惑をかける時もあるが、
 ハイ、ローの切換えも出来るし・・・
 「これでええやん」と思っている。


 


 ある人いわく、 
 「“モノ”をネタにブログを書いてたら、ネタが尽きるんじゃない?」


 そこは貪欲心の旺盛な僕。
 ご安心めされ、次々とネタになるものが増えていくのである・・・





 次は、ニューバイク(80年代の古いバイク)を紹介しよう・・・








 
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/30(金) 11:34:02|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

“ VESPA P200の秘密 その4 ”

IMG_0282.jpg

“ 謎のナンバー ”


“ VESPA P200の秘密 その4”とは・・・
 それは、“ 職権打刻 ”の車台ナンバーである。

 車台ナンバーは、車両が製造された時に付けられる。

 その車台ナンバーが何らかの理由で消えてしまった時、
 あるいは、事故等で、刻印の部分のパーツを取替えた時に、
 職権のある陸運局の人が新しいナンバーを打刻する。

 これを“ 職権打刻 ”と言うらしい。




 僕のVESPA P200は、1980年製で、写真でも判るように、
 正規の車台番号があるのだ。にもかかわらず、打刻されている。


 P200を購入した時は、登録証を見て、変な車台ナンバーだと思った程度で、
 別に気にもとめてなかった。

 
 何時だったか、VESPAを眺めていると、自賠責が切れていることに気付いた。

 その当時は、vespino神戸は名前の通り、神戸の東灘区にあり、僕は西宮在住。
 無保険で神戸まで走るのはどうかと思い、(近くても同じ事だか・・)
 近くのバイク屋で保険に入った。

 ナンバーにシールを貼ってもらい、
 これでバッチリと喜んで家に帰ると電話が・・・

 バイク屋に東京海上の方から電話があり、
 車台番号がオカシイと連絡があったと言うことだった。

 バイク屋のおじさんは、その道、ウン十年のプロ。
 「輸入車だから打刻なんですね。」と職権打刻のことはご存知だった。
 
 僕自身は、何がなんやら、“打刻?”“はぁ~?”状態だったので、
「買った店に聞いてみます。」とvespino神戸に問い合わせた。


  
 vespino神戸の店長曰く、
 「今は違いますが、昔の輸入車は打刻ナンバーなんですよ。」

 「大で始まって大で終わっているので、大阪の陸運局で打刻されたのだろう」
 との事だった。

 そんなものなのか・・と、思いつつ、近くのバイク屋に伝えた。



 で、写真の打刻ナンバーだが、
 塗装を剥がして打刻してあるので、錆びている・・・
 オマケにモノコックフレームなのに、打刻の部分が随分へこんでいる。
 ガンガン金槌で打ち付けたのだと推測出来る。
 そのわりに、シッカリと文字が判別できない・・・

 “ 普通、裏に何かを当てて打刻するやろう。”と思う・・・



 職権の有る人が打刻したのだろうが、

 センスは無い人だったんだろう・・・


 残念だ・・・







テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/10(土) 01:12:10|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ VESPA P200の秘密 その3 ”

IMG_0287.jpg

 “ 京浜PJ38 ”



 今日、明かされる“ VESPA P200の秘密 その3 ”とは・・・

 僕のVESPAが爆音である第二の要因・・・

 それは、写真に写っている、鬼の様に巨大な、京浜PJキャブレター、
 大きさは、何と38パイだ! 
 そのままでは付かないので、ボディーをカットしている。
 おまけに直キャブ・・・恐ろしい・・・


 最近クラッチ交換をしてないので、あまりのパワーの為に、
 パワーバンドに入ると、クラッチが滑り出す。

 良く言われる事だが、改造すると耐久性が著しく低下する。
 クラッチ交換をしても、毎日乗っていると、もって2ヶ月だ。
 強化スプリングを入れれば少しはマシなのだろうが、
 PはPXと違い、もともと重いので、手が疲れるので止めた。

 ペケポンのギアセレクターも今迄に2回交換している。
 これは、クランクケースを割らないといけないので、非常に面倒だ。


 どれくらい僕のVESPAが凶悪なのかと言うと、
 クラッチが完璧だと、パワーバンドに入ると自然にフロントUPする。
 競技用のモトクロッサーの様に、フロントの接地感がない、
 1速、2速では、とても恐ろしくてアクセル全開に出来ない・・・



 写真の京浜PJキャブについて、少し語ろう・・・
 このキャブは京浜にしては珍しいキャブで、普通には手に入らない。
 80年代のオーストリアのオフ車、KTM250に付いていたモノだ。

 僕の知っている限りでは、PJキャブにも2種類が存在する。
 オフ車用はアイドリング機能があり、ホンダのRS用はその機能がない。
 アイドリングの調整も変わっている。
 普通のキャブは、キャブボディー横のネジ式のパーツで
 バルブを上下して調整するが、PJは違う。
 チョークのツマミを回して調整するのだ。ヘンテコなヤツである。
 どうも、チョークに来ているガスの経路を使っているようだ。

 上から見ると陸上トラック様な、楕円形のピストンバルブで、
 完全なフラットバルブ。レスポンスが良すぎて扱い辛い。
 マイルドな三日月バルブの京浜PWKではなく、
 じゃじゃ馬な“ 京浜PJ ”・・・・ “ 漢の選択 ”である。


 写真では、判らないが、このVESPAは、リードバルブ仕様である。
 何時でもガスが吸える様にクランクケースを加工。
 クランクはロングクランクに交換。
 マロッシ製ボアアップキット。ロングクランクと相まって排気量は約220cc。
 シリンダー、ピストン共に加工してある。
 ロングクランクなので、ジュラルミンのスペーサーをかまして組んだ。

 もう10年近く前に、コツコツとヘインズの赤本を見つつ、
 色んなショップに電話しながら、自分で組んだ。

 ブログをすることが判っていたら、写真を撮っておいたのに、
 悔やまれるところだ・・・・





 

 

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/05(土) 02:15:39|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

“ VESPA P200の秘密 その2 ”

IMG_0294.jpg

“ ニッシン製 マスターシリンダー ”

“ VESPA P200の秘密その2”は制動系。

見ての通りの“ ニッシンのマスターシリンダー ”だが、
P200に付いているところを見た事がある人は、あまり居ないだろう・・・

VESPAもP200からPX200になり、PXもFLになると前輪ドラムからディスクになる。


16の頃から、色んなバイクに乗って来たが、
VESPAの前輪ドラム程、効かないブレーキには出会った事がない。


VESPA乗りなら、右足は何時もステップ中央の出っ張りに乗せて、
突然のブレーキ操作に備える・・・
何故か後のドラムはやたら効くのだ。
標準のコンチを履いていると直ぐにスリップしてしまう程だ。


VESPAに乗り始めた頃は、何度、前の車に突っ込みかけたことか。
法務にいそしむ 坊さんが、VESPAで事故ったりしたら・・・

“ 蜂の巣 ”を突っ突いた様な騒ぎになるだろう・・・




いつもの事だが、衝動買いで、VESPAを買い、
あっちこっちのVESPA SHOPにちょくちょく顔を出すようになる。
そして、店頭に並んでいるPXのディスクブレーキに気付く・・・

お店の人に尋ねてみると、

「現行のPXは~ディスクなんですよぉ~!」・・・
「な~にぃ~! ディスクのVESPAがあるぅ~!」

残念無念・・・先に言えや!・・・と思いながら、

「男は黙って、ディスクブレーキに改造」するのである。



ネットで色々調べてみると、
ドラムの車両にもディスクが付くと言う、夢のようなキットの存在を知る。

“ グリメカ・ディスクブレーキキット だ! ”


これは、僕の個人的意見だが、
関西のVESPA乗りは、お洒落なスクーターと言う位置づけで乗る。
従って、関西のVESPA SHOPは、関東のSHOPよりカスタムに弱い。
改造パーツも、殆どが、注文してお取り寄せしなければならない。

イラチ(セッカチ)な僕は、直接関東のSHOPに電話注文した。
千葉にある“ K.B.SCOOTERS ”である。

電話で教えてもらいながら、部品の取付をした。
(その節は、Kさん、お世話になりました。ありがとうございます。)

IMG_0302.jpg

“ グリメカ・ディスクブレーキキット ”

やっと、ここからが、“ 何故、ニッシンなのか?”と言う本題に入る。

グリメカのキットは、
ブレーキレバーからワイヤーで、マスターシリンダーを引っ張る。

そう、ワイヤーでマスターシリンダーを引っぱり、
そして、そこから油圧でキャリパーを動かすと言う、
非常に手の込んだ。効率の悪い。“ 変態的なシステム ”なのである。

折角の油圧も、ワイヤー引きのために、グニャグニャした感じだし、
ブレーキに効きも非常に甘い・・・

そこで、憧れの別体式マスターシリンダーを付ける事にしたのだ。

付け方は、以外と簡単。

1、先ずは、ハンドルを鉄ノコでギコギコとブッタ切る。
2、そこに普通のバイクと同じ径のパイプを突っ込みネジ止めする。
  (VESPAのハンドル径は少し太く汎用のクランプでは付かない)
3、別体式マスターシリンダーとモトクロス用のハイスロットルを付ける。
4、ライトスイッチは、グローブボックスの上にドグルスイッチを付けた。
5、写真には写ってないが、ホーンスイッチはアルミ板を加工しハイスロの内側に・・・



そう、“ バカになることさえ出来れば ”
グリメカ・ディスクブレーキキットも
カチッとした本来のブレーキタッチが手に入るのである。


イタリヤのVESPAに、マグラとかでなく、日本のNISSIN・・・

“ 日本男児 ”の選択である・・・






テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/08/08(土) 01:50:39|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ VESPA P200の秘密 その1”

チャンバー

“ RZ・MARK・ONE チャンバー P200用 ”

新シリーズ、“ VESPA P200の秘密その1”は排気系からである。

随分昔に手に入れたモノで、サイレンサーに“ RZ・MARK・ONE ”と刻印有り。
良くは知らないが、ヤゾジマの笑顔のお兄さん曰く、
「これは、ドイツ製ですね~」と言うことだった。

写真からも判るように、出口の穴が非常に大きい、
日本製のチャンバーの二倍以上はあるのではないかと思う。

音質はと言うと、
一言で言えば“凶悪なウルサさ”

乗っていて、正直恥ずかしい・・・


良い点は、
右だしの為、左のスペアタイヤを外さなくて良いと言うこと。

スペアタイヤを外すと、車体の軽量化にはなるが、
VESPA乗りならご存知の通り、VESPAは非常に重量バランスが悪い。
エンジンが右にある為に右がやたらに重たいのだ。
スペアタイヤを外せば更に、悪くなるだろう。
(チャンバーを左に出せば、良くなるとの意見もあるが・・・)


このVESPAを買って、最初に付けたマフラーはノーマル然としたシトープラス。
他のチャンバーは判らないが、シトープラスとは、桁違いのパワーアップである。
何せ、容量が凄い!ぱっと見は判らないが、ステップの下で蜷局を巻いているのだ!


IMG_0300.jpg

“ モトクロッサーのような、蜷局の迫力 ”

パワーバンドに入ると、勝手にフロントが浮いてくる。
一速では、怖くてアクセルを開けられない位だ。

VESPAと言うバイクは、ノーマルでは、非常に大人しい乗り物だが、
改造すると、乗り味も、印象も180度変わる。

改造用パーツがドイツ製やイギリス製であることもあって、
良い意味も、悪い意味でも、メチャクチャである。
度が過ぎているといった感じだ。 そこがまた良い感じなのだが・・・

日本のメーカーの様に、車権対応とか、JMCAとかじゃないところが “ 潔い!”


IMG_0306.jpg

“ チャンバーを横からみた図 ”

写真でも判るように、サイレンサーが車体から出ないように、
少し短めにはなっているが、排気管(膨張室)が非常に長い。
この長さ(容量)がパワーの秘訣ではないかと思っている。


“ POWER SCOOTER ”

やっぱり、僕のVESPAは、カッコイイな・・・最高!












テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/08/04(火) 03:07:39|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。