古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“嗚呼、70年代”

エキスポタワー

“在りし日のエキスポタワー”


1970年、3月14日~9月13日、
日本国中を熱狂の渦に巻き込んだ“日本万国博覧会”が開催されていた。

正にど真ん中!僕の大好きな70年代!日本最大のイベントである。
エキスポ'70のランドマークとして建設されたのが“エキスポタワー”である。

エキスポ'70のテーマは“人類の進歩と調和”
参加国数は77ヵ国と4国際機関、
総入場者数は6,421万8,770人
1日の最高入場者日:83万5832人

22万643人が迷子になったそうだ。
東京ディズニーランドの込み具合なんか比べ物にならない位だった。


残念ながら何も覚えていないが、当時4歳の少年だった僕は、
吹田の親戚の家にお世話になり、行った事があるらしい・・・
年輩の人に聞くと、当時は東京の親戚を連れて、九州、四国の親戚、
関西在住の知合いの家に泊まって万博へ、という話は良くあったと言うことだ。


当時、家に万博の絵本があった。
それはそれは、好奇心一杯のお年頃。

太陽の塔の透し図に描かれた“生命の木”
フジパン・ロボット館の“ロボット”
アメリカ館の“月の石”
ソ連館の“宇宙船ソユーズ?”

日立グループ館なんか、UFOそのもの。
ガスパビリオンはウルトラセブンの怪獣みたいだし、
東芝IHI館なんか完全に円谷デザインだ。

子供ながらに、絵本を見て記憶したんだと思う。

もう本当に、“スペースエイジ”な“パビリオン”だらけであった。

小学生の頃は、遠足でも良く万博公園に行ったものだ。
太陽の塔があるお祭り広場、天上がまだ残っていた事を覚えている。


写真の話に戻ると、
エキスポタワーは、単なるランドマークタワーではなく、
未来の住宅都市モデルとして考えられたものであったらしい。
なんと、球形のキャビン1つが住宅1戸分の大きさなのだそうだ。

残念ながら、現在は老朽化を理由に解体されて、見ることも出来ない。
万国という“お祭り”のためだったとはいえ、こんなにユニークな
形の塔が造られる、夢のある時代はもう来ないだろうな・・・

もし、エキスポタワーのキャビンが売りに出ていれば・・・
買い取って、是非住んでみたいものだ。
それが無理なら、“Futuro house”

これも叶わぬ夢である・・・









 
スポンサーサイト

テーマ:40代のエンジョイライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/12(金) 00:33:18|
  2. 大阪万博
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

三菱未来館

ありがとうございます。良鷲師お元気そうで何よりです。大阪万博の昭和45年高校二年生でした。鮮明に覚えているのは、三菱未来館入口の長いエスカレーターの途中に、額縁型の薄型テレビが、「未来のテレビはこんな形になるでしょう。」と説明されて画像が映ってました。43年後の今のテレビそのものです。私にとっては、本当に未来が来たと実感しています。失礼しました。
  1. 2013/11/14(木) 00:28:48 |
  2. URL |
  3. 藤原清勝 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minica360.blog40.fc2.com/tb.php/17-03ccc21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。