古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“ミニカ360の秘密 その2”

IMG_0189.jpg

“MITSUBISHI MINICA360 LA23 ワンオフ マフラー”


今日のタイトルは、“ミニカの秘密 その2”

フロントバンパーの下で“キラリ”と輝いているのは、
オールステンレス製の“ワンオフマフラー”である。
そして、バンパーに映ってるのは、
寝転んで写真を撮る謎の男の手だ・・・(笑)


ミニカでの行動範囲は、普段は大したことはない。
市内をちょこちょこ走る、西宮~神戸の往復、西宮~大阪の往復だ。
だが、たまには六甲山を超えて北に向かうこともあるのだ。


オイルの上がった古い車は煙を吐くが、僕のミニカは違う。
煙幕の正体は2ストロークオイルだ。
360ccでモクモク、黙々と走る。

そのお陰で、2ストローク車のマフラーは錆びにくいと言われている。
しかし、いくら錆びにくい言っても、40年以上も前の車である。

六甲山越えをするとマフラーが破裂するのだ。

上り坂の苦手なミニカは、それは、まるで煙幕のように白煙を吐きながら走る。
最初は3速、回転が落ちて力が無くなり、2速まで落とす。
エンジンは唸り、レッドゾーンまで引っ張って、スピードは30キロ位しか出ない。

帰りには爆音になる、おまけに抜けすぎて力も無くなる。
マフラーパテで修理したのは2回や3回ではないのだ。

いいかげん嫌になって、マフラーを捜すことにした。
しかし、国産旧車の悲しさ、メーカーから部品が出ないのである。
何でも修理して使う外国とは違い、日本のメーカーは車も使い捨てなのだ。

同じ旧車でも、人気車種なら外品の復刻部品が沢山出ている。
僕の愛車は“ミニカ360”国産で不人気車だ。
つまり、部品が何も出ないのである。


以上の悲しい理由で、泣く泣くマフラー屋に頼み込みワンオフで作ってもらった。


タイコの容量も純正よりは少し大きくしてある。
テールまでのパイプも太くしてあるので、ボボボボ、と少し太い音がする。


この“キラリ”と光る素敵な、マフラーが“ミニカの秘密 その2”だ!
僕も、ミニカも超ご機嫌だ。 めっちゃカッコええやん! 


車が朽ちても無くなっても、僕がハンドルを握れなくなっても、
このステンレス製のマフラーは残るだろう・・・

これで、もう安心だ・・・?




スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/06/17(水) 00:17:36|
  2. minica 360
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minica360.blog40.fc2.com/tb.php/18-f75d3841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。