古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“ VESPA P200の秘密 その1”

チャンバー

“ RZ・MARK・ONE チャンバー P200用 ”

新シリーズ、“ VESPA P200の秘密その1”は排気系からである。

随分昔に手に入れたモノで、サイレンサーに“ RZ・MARK・ONE ”と刻印有り。
良くは知らないが、ヤゾジマの笑顔のお兄さん曰く、
「これは、ドイツ製ですね~」と言うことだった。

写真からも判るように、出口の穴が非常に大きい、
日本製のチャンバーの二倍以上はあるのではないかと思う。

音質はと言うと、
一言で言えば“凶悪なウルサさ”

乗っていて、正直恥ずかしい・・・


良い点は、
右だしの為、左のスペアタイヤを外さなくて良いと言うこと。

スペアタイヤを外すと、車体の軽量化にはなるが、
VESPA乗りならご存知の通り、VESPAは非常に重量バランスが悪い。
エンジンが右にある為に右がやたらに重たいのだ。
スペアタイヤを外せば更に、悪くなるだろう。
(チャンバーを左に出せば、良くなるとの意見もあるが・・・)


このVESPAを買って、最初に付けたマフラーはノーマル然としたシトープラス。
他のチャンバーは判らないが、シトープラスとは、桁違いのパワーアップである。
何せ、容量が凄い!ぱっと見は判らないが、ステップの下で蜷局を巻いているのだ!


IMG_0300.jpg

“ モトクロッサーのような、蜷局の迫力 ”

パワーバンドに入ると、勝手にフロントが浮いてくる。
一速では、怖くてアクセルを開けられない位だ。

VESPAと言うバイクは、ノーマルでは、非常に大人しい乗り物だが、
改造すると、乗り味も、印象も180度変わる。

改造用パーツがドイツ製やイギリス製であることもあって、
良い意味も、悪い意味でも、メチャクチャである。
度が過ぎているといった感じだ。 そこがまた良い感じなのだが・・・

日本のメーカーの様に、車権対応とか、JMCAとかじゃないところが “ 潔い!”


IMG_0306.jpg

“ チャンバーを横からみた図 ”

写真でも判るように、サイレンサーが車体から出ないように、
少し短めにはなっているが、排気管(膨張室)が非常に長い。
この長さ(容量)がパワーの秘訣ではないかと思っている。


“ POWER SCOOTER ”

やっぱり、僕のVESPAは、カッコイイな・・・最高!












スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/08/04(火) 03:07:39|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minica360.blog40.fc2.com/tb.php/26-cec0d01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。