古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

“ VESPA P200の秘密 その3 ”

IMG_0287.jpg

 “ 京浜PJ38 ”



 今日、明かされる“ VESPA P200の秘密 その3 ”とは・・・

 僕のVESPAが爆音である第二の要因・・・

 それは、写真に写っている、鬼の様に巨大な、京浜PJキャブレター、
 大きさは、何と38パイだ! 
 そのままでは付かないので、ボディーをカットしている。
 おまけに直キャブ・・・恐ろしい・・・


 最近クラッチ交換をしてないので、あまりのパワーの為に、
 パワーバンドに入ると、クラッチが滑り出す。

 良く言われる事だが、改造すると耐久性が著しく低下する。
 クラッチ交換をしても、毎日乗っていると、もって2ヶ月だ。
 強化スプリングを入れれば少しはマシなのだろうが、
 PはPXと違い、もともと重いので、手が疲れるので止めた。

 ペケポンのギアセレクターも今迄に2回交換している。
 これは、クランクケースを割らないといけないので、非常に面倒だ。


 どれくらい僕のVESPAが凶悪なのかと言うと、
 クラッチが完璧だと、パワーバンドに入ると自然にフロントUPする。
 競技用のモトクロッサーの様に、フロントの接地感がない、
 1速、2速では、とても恐ろしくてアクセル全開に出来ない・・・



 写真の京浜PJキャブについて、少し語ろう・・・
 このキャブは京浜にしては珍しいキャブで、普通には手に入らない。
 80年代のオーストリアのオフ車、KTM250に付いていたモノだ。

 僕の知っている限りでは、PJキャブにも2種類が存在する。
 オフ車用はアイドリング機能があり、ホンダのRS用はその機能がない。
 アイドリングの調整も変わっている。
 普通のキャブは、キャブボディー横のネジ式のパーツで
 バルブを上下して調整するが、PJは違う。
 チョークのツマミを回して調整するのだ。ヘンテコなヤツである。
 どうも、チョークに来ているガスの経路を使っているようだ。

 上から見ると陸上トラック様な、楕円形のピストンバルブで、
 完全なフラットバルブ。レスポンスが良すぎて扱い辛い。
 マイルドな三日月バルブの京浜PWKではなく、
 じゃじゃ馬な“ 京浜PJ ”・・・・ “ 漢の選択 ”である。


 写真では、判らないが、このVESPAは、リードバルブ仕様である。
 何時でもガスが吸える様にクランクケースを加工。
 クランクはロングクランクに交換。
 マロッシ製ボアアップキット。ロングクランクと相まって排気量は約220cc。
 シリンダー、ピストン共に加工してある。
 ロングクランクなので、ジュラルミンのスペーサーをかまして組んだ。

 もう10年近く前に、コツコツとヘインズの赤本を見つつ、
 色んなショップに電話しながら、自分で組んだ。

 ブログをすることが判っていたら、写真を撮っておいたのに、
 悔やまれるところだ・・・・





 

 
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/05(土) 02:15:39|
  2. vespa p200
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

コメント

教えてください

最近ベスパ(PX200FL2)を購入し、とりあえずJLのステンレスチャンバーを取り付けました。その他チューナップを考え中に貴方のベスパを見て興味がわき、Yahooオークションで京浜PJ38を手に入れましたがこれから、どうゆう部品を購入しどうゆう加工等が必要なのか、できれば教えて頂けますか。
宜しくお願い致します。
  1. 2010/09/19(日) 18:00:49 |
  2. URL |
  3. 吉田 裕一 #dvyJzGYU
  4. [ 編集 ]

Re: 教えてください

吉田さま

書き込み有り難うございます。
ベスパショップでも中々手を出さないラージボディーの改造ですね。
中々やりますねぇ~!!

お尋ねの件ですか、PJ38を取り付けるとなると、結構大変です。
それに、部品のポン付けでは、効果も出ないし、セッティングが出ないでしょうから、
クランク及びクランクケースの加工が必要になります。
クランクを割るのも大変ですが、何より後戻りは出来なくなりますよ!
吸気音も凄くなって恥ずかしいですよ!

それを大前提で、お答えします。


ご存知VESPAには、国産スクーターの様にリードバルブがありません。
クランクの一部に切り込みがあり、キャブレターが取り付けてあるクランクケースの穴に
その切り込みが来た時に、混合気を切り込みの大きさ分だけ吸い込む方式です。
昔の国産2ストのロータリーバルブの様な感じです。

京浜はじめ、ミクニでもデロルトでも、外品のキャブレターを取り付ける為には、
インテークマニーホールドが必要です。
マニーホールドはキャブレターとクランクケースをつなぐものですが、
京浜PWK28位までなら、リードバルブ無しで、クランクの切り込みを大きくする程度で、
対応出来ると思います。
リードバルブ無しのマニーホールドがマロッシから出ていることからも、それが分かります。

しかし、PJ38くらい大口径のキャブの場合は、リードバルブ無しでは、キツイと思います。
エンジンが混合気を吸いきれないと思いますし、細いリードバルブ無しのマニーホールドでは、
キャブとの口径が違いすぎで取り付け不可能でしょう。

ですから、エンジンが混合気を吸いたい時に、吸えるだけ吸える様に、
大口径対応のリードバルブ付のマニーホールドが必要です。

僕のPは、ドイツ製のリードバルブ付マニホを使用しています。名前は分かりません。
昔、株式ベスパで購入しました。

ネットで調べますと、カネバンさんのブログに、もっと良いリードバルブ付が出ています。
http://www.kaneban-vintage.jp/vespa/

そして、リードバルブを付けるのであれば、クランクの加工とクランクケースの加工が必要になります。

何故なら、そうしないと、クランクの切り込み以上、混合気を吸えないからです。

僕の場合は、初めから切り込みの大きいロングストローククランクを使用しています。
当然ボアアップもマロッシのキットを組んでいます。

ノーマルのクランクを使用するのであれば、クランクの切り込みの加工が必要です。
それと同時に、クランクケースのミーリング(削る)加工も必要です。

これは、ケース側のクランクの切り込み以上に、混合気を吸えなくしている部分を削り落とす為と、
エンジンにスムースに混合気を送るためです。

削る場所、ノウハウは、マニーホールドを購入するショップに聞けば教えてくれると思います。

僕は、リードバルブ付マニホを購入した、株式ベスパさんに聞いて、リューターで削りました。
初めての経験でしたので、削り過ぎてケースに穴が開いて金属パテで埋めたくらいです。
資料がどこかにあったはずなんですか、探しましたが見つかりません。

あと、PJ38を付けるのであれば、マニーホールドの形状にもよりますが、
ボディーにキャブレターが当たるので、ボディーの加工も必要です。
先程のカネバンさんのブログにも載っています。
僕の場合は、ただ穴をあけて、当たらない様に逃がしているだけですが・・・

それから、大口径のキャブレターですから、ハイスロをつけないと、
ノーマルのスロットルではケーブルを引き切らないと思います。

最後に、僕は付けていませんが、大口径のキャブレターの場合。
ガソリンタンクからの自然落下では、ガソリン不足になる恐れがあるので、
燃料ポンプを付けている人が多いようです。

べすぱを改造するのなら、ヘインズの赤本を買う事をお勧めします。
写真と絵が多くのっているので、書いてあるのは英語ですが、良く分かります。

僕の分かる範囲で書きました。
もう10年程前の事なので、思い出しながら書きましたが、
分からないところは、メールでもいただければ、分かる範囲でお答えします。


それでは、頑張って下さい。応援しています。





  1. 2010/09/19(日) 22:41:35 |
  2. URL |
  3. Great Eagle #-
  4. [ 編集 ]

ご回答有難う御座います

早速の御回答、有難う御座います。
詳しく教えて頂き感謝します。
とりあえず部品を調達し、加工、組込み等準備しようと思います。
また分からない事があった時はメールします。
宜しく。
  1. 2010/09/20(月) 19:23:28 |
  2. URL |
  3. 吉田 裕一 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minica360.blog40.fc2.com/tb.php/31-0fb4590d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダブルクラッチ

ダブルクラッチの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ダブルクラッチ」へ!
  1. 2009/09/05(土) 04:46:19 |
  2. ダブルクラッチ

FC2Ad