古いモノと良い感じ

中年男が独断と偏見で「古いモノと良い感じ」な日々を綴る

“ 古時計 ”

IMG0451.jpg


 “ TRADE MARK ”


 今回もボンボン時計のお話しである。

 前回、“ TRADE MARK ” の事は書いたのだが・・・


 つい先日、あるお寺に行く機会があり、その時に玄関の時計を繁々と見ていると。
 やはり、文字盤に “ TRADE MARK ” とあるではないか!

 前から、その時計があることは知ってはいたが、件の時計が家に来る前は気にも留めていなかった。
 人間とは本当にいい加減なものだ。


 そのお寺さんの時計には TRADEとMARKの間に、
 アルファベットの“ A ”と“ C ” が “ ◯ ”で囲まれているマークだった。
 調べてみると、“ 愛知時計株式会社 ” の “ TRADE MARK ” である。

 “ TRADE MARK ” 日本語に直すと「登録商標」である・・であったのだ。



 トレードマークと言えば、人の特徴のことだとばかり思っていたので、
 何となく雰囲気ではわかっていたが、そのものズバリ!「登録商標」だったとは・・・


IMG_0448.jpg


 “ 精工舎のTRADE MARK ”


 で、精工舎の登録商標ついて調べてみると、これが結構~深いのである。

 
 上の写真にある、“ ◯ ” に “ ◇ ” “ S ” のマークは、
 明治32年10月23日に出願され、同33年1月15日に登録(認可)されている。
 登録人は、精工舎を創設した服部金太郎氏。

 精工舎の登録商標は、その他にも沢山存在している。
 どんなモノがあるのかと言うと、

 ツバメや雁がモチーフの生き物系。
 兜や富士山がモチーフの静物系。
 扇型にアルファベット “ SKS ”と言うハイカラなモノ。
 クロスした旗に、この “ ◯ ◇ ” に “ S ” が入ったモノ。これは、何となく大日本帝国の香がする。
 扇の図柄の中に、この “ ◯ ◇ ” に “ S ” が入ったモノ。

 そして、ただ単に、アルファベットで “ SEIKOSHA ” というのもある。

IMG_0450.jpg

 “ 精工舎登録商標 ”


 そうなのだ。
 この写真の文字は、単なる日本語のアルファベット表記ではない。
 れっきとした“ 精工舎 ” の “ 登録商標 ” なのである。

 これは、明治43年1月5日出願、同年3月1日登録。同じく服部金太郎氏。


 であるからして、
 私の所有するこの “ ボンボン時計 ” は、
 明治43年以降に製造されたであろことが、推察されるのである。

 
 時計の登録商標は世界規模で言えば、
 300程あるのではないかと言われているらしい・・・




 「古いモノと良い感じ」な、深い話しである。






スポンサーサイト

テーマ:40代のエンジョイライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/05/19(水) 11:07:49|
  2. 昭和レトロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minica360.blog40.fc2.com/tb.php/58-bc74e9c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad